Top >  結婚お悩みQ&A(服装) >  友人の結婚式・披露宴へ出席する服装について

スポンサードリンク

友人の結婚式・披露宴へ出席する服装について

それなりの年齢になると友人や会社の同僚もしくは先輩・後輩の結婚式・披露宴
招待される機会が増えてきます。


はじめて結婚式・披露宴に招待されたときは、どんな服装で出かければいいのか
わからないというのが普通ですので、最初にしっかり結婚式・披露宴の服装の
注意点について学んでおきましょう。


●結婚式・披露宴の服装 <男性の場合>


結婚式に招待された場合は、昼はモーニング、夜はタキシードが正式な服装、
つまり、礼服となります。

しかし、実際、礼服を着てくるのはほとんどが年配の方、もしくは親族の方で
友人や会社の同僚といった立場の人は黒もしくは紺のスーツを着るのが普通です。


これらは略式礼服であり、紺か黒のスーツに白いワイシャツ、シルバーグレーか
それに準ずる色柄のタイ、靴下と靴は黒という一応の形があります。


歳をとるにつけ冠婚葬祭の機会は増えるので、それ用に黒のスーツを一着ぐらい
は持っているほうがよいでしょう。


●結婚式・披露宴の服装 <女性の場合>


女性の場合は男性に比べて、ドレス、ワンピース、着物と種類が豊富ですので
迷うところです。


女性の結婚式・披露宴の服装ではいくつか気をつけなければならない点がある
ので列記してしておきます。


・花嫁の色である純白を避けること
・肌の露出が多い超ミニや、背中や胸元が大きく開いたドレスは避けること
・和装は、既婚者は正装の留め袖、未婚女性は振袖にすること


化粧にしろ服装にしろ花嫁より目立ってしまうのが招待客としては一番まずい
ことなのでそのへんはきちんと配慮しましょう。


●補足:二次会の服装


結婚式の二次会の服装は披露宴ほどフォーマルにする必要はありません。


ただ、やはり最低限男性ならスーツ、女性ならワンピースやスーツなどを
身につけていきたいものです。


女性は、二次会においてもやはり「純白」のドレスは避けるようにしましょう。
新婦より目立たってしまい主役の座を奪ってしまわないように。

スポンサードリンク

         

関連エントリー

ブライダルフェアの服装はどうしたら? 結婚前の実家訪問(結婚報告)の服装は? 友人の結婚式・披露宴へ出席する服装について