Top >  結婚お悩みQ&A(お金) >  心づけは払うべきか否か?

スポンサードリンク

心づけは払うべきか否か?

心づけというのは二人の結婚披露宴のために協力してくれた各種業者さんに
支払うチップのことですが、よくよく考えると披露宴会場にはサービス料を
プランナーや司会者、美容・着付けにも主張費なども合わせてお金を払って
いるのが普通です。


仕事に対してお金を払っているのにこれに加えてまたチップとして心づけを
渡すなんてどうなんだろう?。。。そんな風に思ったことはありませんか?


挙式当日にお世話になる業者さんやスタッフへの心づけは義務ではありません。
心づけをしてもしなくてもプロですから、持ち場持ち場でしっかり自分の仕事
を遂行してくれるはずです。


ただ、業者さんやスタッフはそれぞれ心付けを期待しているのも事実で、人間
ですから心づけがあるかないかで仕事中の気合の入れ方は違うでしょう(笑)


挙式当日にお世話になる業者さんやスタッフは新郎新婦とは赤の他人ですが
心付けによって直接的な人間関係が生まれ、発憤する材料になることは間違い
ありません。きっと心づけ以上のサービスを提供してくれるでしょう。


よくいわれることですが、結婚式での心付けは感謝の気持ちを表すと同時に
幸せのおすそわけという意味があります。


気前よくお金と幸せをおすそ分けすることで、それが後で何倍になって返って
くるというのは人類始まって以来の自明の宇宙の法則のひとつです。


こんな風に考えると心づけは相手に与えたようで実は自分に与えているなんで
いうようにも考えられますよね。


心付けをする場合は、式場の責任者や美容師、司会者、カメラマンなどにポチ袋
に包んで贈ります。心付けの相場としては3千円〜5千円ぐらいです。


また受付や司会などを友人や親戚に頼んだ場合はお礼をするのがマナーです。
この場合は心付けのほかにも、後日食事に招待するという方法でかまいません。

スポンサードリンク

         

関連エントリー

結婚披露宴でのゲスト1人辺りにかける金額の平均 外部業者を有効利用しての結婚費用を節約する。 婚約指輪、結婚指輪の値段の相場は? 海外ウエディングは安上がりか? 心づけは払うべきか否か? 結納金の相場はいくらくらい? 結婚資金の目安 結婚式の祝儀はいくら包めばいいのか?