Top >  結婚用語集 カ行 >  介添え人

スポンサードリンク

介添え人

介添え人(介添人)とは結婚式当日、花嫁につきっきりで世話をして
くれる人のことで、花嫁の衣裳の乱れを直すだけでなく、困ったこと
があるとヘルプしてくれる頼もしい存在です。


介添人は結婚当日の花嫁の精神的サポートをする必要もあるので
頼むなら経験豊富な人のほうがよいでしょう。


介添え人がサポートするのは以下のようなことです。


・花嫁の当日の精神面をサポート
・移動の際、ドレス汚れの防止・歩きやすいようにサポート
・挙式・披露宴会場での椅子引きや誘導
・ゲストのカメラで撮る場合、率先してヘルプ
・進行表の次を理解し行動する。
・お開きの際のサポート


花嫁はとにかく結婚式ではナーバスになりがちで介添え人のちょっと
した振る舞いや態度にも反応してしまうので、花嫁の気持ちを十分に
把握して対処することが大切です。


ウエディングプランナーに介添えを頼む場合は別に介添え料を払うこと
は特にないと思いますが、親戚や知り合いに介添え人を頼んだ場合は
介添え料(心づけ)として3千円〜1万円を払うのが相場のようです。


基本的に介添えは花嫁にしか付かないので介添え料は花嫁側が負担する
ことが多いようです。介添え料は懐紙やポチ袋に入れて渡します。

スポンサードリンク

         

関連エントリー

ガーデンウエディング 介添え人 鏡開き(演出) 海外ウエディング(挙式) ガータートス カラーコーディネート カラードレス 仮予約/本予約 記念写真(ウエディングフォト) キャンセル料 キャンドルサービス キリスト教式結婚式 クロカンブッシュ ケーキサーブ ケータリングサービス 結婚証明書(人前式など) 結婚報告ハガキ 御祝儀(祝儀) ゴスペルウエディング 心づけ(お金) 婚姻届