Top >  結婚用語集 ヤ行 >  結納品

スポンサードリンク

結納品

結納品とは結納金の金包に縁起物を加え、それらの目録を添えたセット
のことをいいます。地方によっては、異なる習慣もあることが多いので
新郎側、新婦側の出身地を確認したうえで準備します。



結納品は昔は食べ物や着る物などを現物で持参していましたが、時代の
変化とともに現代では多くはそれを象徴する飾り物に変化しました。


結納品のそれぞれには縁起物としての意味があるので結納の正式九品目の
呼び名とその意味を確認していきましょう。


○ 金包(きんぽう)

結納金を入れた包。女性には「御帯料」男性には「御袴料」と書きます。
結婚の支度のために使ってくださいという意味で渡されるお金です。


○ 長熨斗(ながのし)

熨斗鮑(のしあわび)のこと。アワビをのし棒で伸ばしたもので
長寿の象徴です。


○ 子生婦(こんぶ)

昆布のこと。子宝に恵まれ子孫が繁栄するようにとの願いが
こめられています。


○ 寿留目(するめ)

スルメ。婚家に留まり幸せな家庭を築く女性の象徴です。
噛めば噛むほど味が出るという意味もあるといわれます。


○ 末広(すえひろ)

白い扇子を2本で1対としたもの。白は純潔、扇は末広がりを意味し、
家庭の繁栄を意味します。


○ 友志良賀(ともしらが)

白い麻の糸。二人がともに白髪になるまで末永く添い遂げる
との意味があります。


○ 勝男武士(かつおぶし)

鰹節のこと。剛毅な男性の象徴で、男性の強さを意味します。


○ 家内喜多留(やなぎだる)

柳樽にはいった祝い酒のこと。最近は酒肴料として現金を包むようです。
家内に喜びを多く留めるという意味です。


○ 目録(もくろく)

結納品目を記したものです。


略式で7品目(勝男武士と家内喜多留を除いたもの)、あるいは5品目
(さらに子生婦、寿留目を除いたもの)で行う場合も多く、割り切れない
ように5品目、7品目、9品目にするのが一般的です。


結納品を双方用意する場合は両家でよく話し合って、同じものを揃える
ようにします。

スポンサードリンク

         

関連エントリー

夜会巻き(ヘアメイク) 結納 (ゆいのう) 結納品 余興(演出) 4C(エンゲージリング)