Top >  結婚用語集 ヤ行 >  4C(エンゲージリング)

スポンサードリンク

4C(エンゲージリング)

4Cは主にエンゲージリングを飾るダイヤモンドのグレードを表す
4つの基準のことでカラット、カット、カラー、クラリティで判断され、
ダイヤモンドの価値と金額はこれによって決まります。


ダイヤモンドを購入すると4Cを記した品質保証書(鑑定書)がついて
くるのでどのランクのものか目を通しておきましょう。


○ カット

ダイヤモンドのカットは石の形や研磨状態を表し、ダイヤの輝きはカットの
状態に左右されます。

○ カラット

ダイヤモンドの重さのことで1カラットはダイヤモンド0.2g。一般的な
エンゲージリングは0.3〜0.5カラットが人気です。

○ カラー

ダイヤモンドの色みのことで、最高ランクは無色のD。EFG・・・とランクが
下がることにダイヤは黄色みを帯びてきます。

○ クラリティー

ダイヤモンドの透明度のことで、不純物やひびが入っていないものほど
ランクが高くなります。クラリティーのランクは11あり、最高ランクはFL。

<<クラリティーランク>>

無傷               FL、IF
拡大しても発見が非常に困難    WS1、WS2
拡大しても発見が困難       VS1、VS2
肉眼で発見が困難         Sl1、Sl2
肉眼で発見できる         I1、I2、I3

スポンサードリンク

         

関連エントリー

夜会巻き(ヘアメイク) 結納 (ゆいのう) 結納品 余興(演出) 4C(エンゲージリング)