Top >  結婚用語集 サ行 >  サムシングフォー(言い伝え・挙式)

スポンサードリンク

サムシングフォー(言い伝え・挙式)

サムシングフォーとはヨーロッパの言い伝えで、結婚式の当日に
花嫁が4つのサムシングを身につけると幸せになれるというものです。


サムシングフォーは、

・Something New(サムシング ニュー)、
・Something Borrowed(サムシング ボロー)
・Something Old(サムシング オールド)、
・Something Blue (サムシング ブルー)


の4つのサムシングです。それぞれの意味と用途は。。。。。。


・Something New(サムシング ニュー)

【何か新しいもの】を意味し、花嫁の新しい生活の象徴。

これからはじまる生活、幸せな未来を祝福するために、汚れのない
新しいものを何か新調します。
 
例:オーダーでつくったウエディングドレス、シューズ、インナーなど。


・Something Borrowed(サムシング ボロー)

【何か借りたもの】を意味し、幸せのおすそ分けと隣人愛の象徴。

幸せな結婚生活を送っている人から何か借りることで、その幸せにあやかります。
 
例:ハンカチ、アクセサリーなど。欧米では友人のベールを借りるのが主流。


・Something Old(サムシング オールド)

【何か古いもの】を意味し、家族のつながりと家の繁栄の象徴。

先祖代々その家に伝えられて来たものを受け継ぎ、繁栄を願うと意味を
こめて祖母、母親のものを身につけます。
 
例:母・祖母のイヤリング、ブローチ、指輪など。


・Something Blue (サムシング ブルー)

【何か青いもの】を意味し、花嫁の純潔と清らかさの象徴。

聖母マリアのシンボルカラーが青であることから由来しています。

例:ブーケに青い花を添える、指輪の宝石など(さりげないアクセントとして)


幸せを願う花嫁にはサムシングフォーを身につけるのは当然でしょうか。

スポンサードリンク

         

関連エントリー

新郎衣装 サプライズ(演出) サムシングフォー(言い伝え・挙式) シェフの料理説明 司会者(ブライダル) 試着会(衣装&会場探し) シビルウエディング 白無垢 シャンパントースト シャンパンピラミッド (シャンパンタワー) 招待状(ペーパーアイテム) 主賓 神前式結婚式 親族紹介 神父と牧師 人前式結婚式 新郎謝辞(演出) スピーチ(演出) スナップ写真 スライド上映 装花