Top >  結婚用語集 ハ行 >  バージンロード(挙式)

スポンサードリンク

バージンロード(挙式)

バージンロードとは教会の祭壇に向かう通路のことで結婚式が
教会で花嫁は純潔な処女であるべきと考えられていたことから
日本で使われるようになった和製英語です。


バージンロードは日本でのみ使われている言葉であり、和製英語
なので海外では通用しません。


ちなみに英語ではバージンロードにあたる部分はアイル(=通路)
というので、海外ウエディングの際は注意したほうがいいでしょう。


教会で結婚式を挙げる場合、新婦の父親が新婦とともにバージンロード
を進み、祭壇の前で待つ新郎に引き渡すというのが一般的な形です。


基本的に教会は礼拝を行うところであるため、祭壇に向かう通路は通路
であり、バージンロードはあくまで結婚用語のひとつです。


そのため、花嫁の歩む道と通路を区別するために白い布を通路に敷くことで
その白い布をバージンロードとするのが正しい考え方です。

スポンサードリンク

         

関連エントリー

媒酌人 ハウスウエディング(ゲストハウス&レストラン) パックプラン 花嫁の手紙(演出) バージンロード(挙式) バルーンシャワー 引菓子(引出物) 引出物(引出物) BGM(演出) ビュッフェスタイル ブーケトス(演出) ブーケプルズ ブートニア ブライダルエステ ブライダルフェア フラワーシャワー プリザーブドブーケ(ブーケ) 文金高島田 ベストマン