Top >  結婚用語集 ワ行 >  綿帽子

スポンサードリンク

綿帽子

綿帽子とは白無垢の時、文金高島田の上からかぶる白い布の袋のことです。
挙式の時だけかぶり、披露宴でははずすのが一般的です。


綿帽子と同じく和装においては角隠し(つのかくし)という花嫁の
かぶり物があり、格の違いはありません。


綿帽子は袷(あわせ)仕立ての白絹を袋状に縫い合わせてかぶれる
ようにしたもので、角隠しは同じく袷仕立ての長方形の白絹を髪に
留めつけられるようにしたものです。


綿帽子姿では、花嫁の奥ゆかしさもひときわ際立ち、日本が誇る
花嫁衣装のひとつです。


綿帽子は室町時代末期に老女の防寒用として生まれたのがはじめとされ
江戸時代には真綿で作った帽子が若い女性にも定着していました。


花嫁には古来、結婚相手以外の男性に顔を見せないという風習があり
そのためにも頭も顔もすっぽりと隠せる綿帽子は花嫁に最適のかぶり物
であったため利用されてきたといわれています。


綿帽子は夫以外の人に顔を見られないようにという意味があるため
あのような奥ゆかしい姿になるわけです。

スポンサードリンク

         

関連エントリー

和洋折衷料理 ワインサービス(演出) 和装小物 綿帽子